*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すっかり前の話になってしまいましたが、
3月末にまりんが小学校を卒業しました。

いまどきなのか。。
みんなAKB風の制服風の子が多かったですね。
まぁ、まりんもそうですが。



卒業式の後にお楽しみ会的な催しがあったのですが、
そのアンケートでまりんは「将来世界で活躍しそうな人」の2位でした。
まぁ、1位ぢゃないんですが。。
でも、ほかに名前の挙がってる子はハーフの子ばかりだったようなので
純日本人としては健闘(??)した感じかな?

で、これは入学式の日





ほんとは「入学式」って看板(?)の前で撮りたかったのですが
すっっごい行列で。。
並びもせず断念

ぶかぶかな制服が、3年後ぴったりになってるのかなぁ~?

明日から台湾&バリ旅行に行ってきます
なぜこの組み合わせ?って感じですが。。

最近はLCCなども発達してきて、うれしい限りではあるのですが
ルートや曜日による乗継、料金etc.
あまりに選択肢やチェック項目が多すぎて、、
探してはみたものの。。

いやぁああああ~!!

ってなっちゃいました。。

昔はそぉいうのを楽しんでやれたんですが。。
今はそんな時間も余裕もないです。。

で、普通にYahooトラベルとかで探したら、割と安くであったんですが、、
一番安いのは中国本国乗継で、空港で夜中4,5時間ぐらい待つ様な。。
さすがに2歳の子を含む3人の子供を1人で連れてそれはちょっと。。。

次に安かったのがこの台湾経由なんですねぇ~。
バリに行く前後、台湾で1泊しなければならないんですが、
台湾は前から行ってみたい国でもあったので。
ちょうどいいかぁ~ってことで

台湾は今まで行ったことがなかったので、
ホテルやら有名な夜市やらについて調べてたら
なんかめっちゃ楽しみになりましたぁ~!!
っていっても、食べることばっかりなんですけどねぇ~
(∂。∂; アハハ…

どちらかというと、台湾がメインぐらいの勢いになってきちゃってます。。

バリに行くほど休みが取れない旦那は、帰りの台湾で合流します。
それまで、フィリピン生活と同様、母1人、子3人でいっていきます。

ちなみに、、
今回チャイナエアラインで行くんですが、関空ー台北ーバリの往復チケット代は28000円!!
でも、サーチャージなんかがつくと54000円
帰りは旦那も同じ飛行機でと思い、チャイナエアラインで関空ー台北往復で全部入れると52000円ぐらい
なんで倍以上の距離になるのに、2000円しか違わないの??
そぉ考えると、なんか納得いかないなぁ、、と思い
LCCを探すと半額以下でチケットが取れました。。

バリは私は過去5回ほど行ってるけど、最近休みのほとんどをNOVAにつぎ込んでいて
かなり久々のバリです。
まりんとたいがも1度行ってますが、あくあは初めて。
まりんが4歳、たいがが6ヶ月の時に行きました。。
たいがは当然ながら、まりんも覚えてませんでしたが。。

久々のフィリピン以外の旅!
楽しんできまぁ~す!!

英語しゃべるとき、いつもの調子でビサヤ語交じりにならないように気をつけなくちゃ。。。

昨日から一泊で近くの温泉にいってきました

節分だからってわけでもなさそうなんだけど、入口には鬼が…



温泉は露天風呂もありました。

お食事は懐石料理
思ってたよりよかったです



まりんの入試終了祝いでみんなで久びさの温泉



なかなかよかったです





さっき合格発表を見にいって来た
結果は

まりんは他に受けてないのでこれで中学受験は終了

私ははっきり言うと、受験に賛成ではなかったのですが、
今は受験してよかったかなぁ~とも思います
Webで講義を見て家で勉強するという感じだったので、
私がいちばん抵抗を感じていた
夜遅くまで塾
一緒にご飯をたべれない
ということが無かったので

まぁ、ほんとに合格したかったらそんな悠長なこと言ってられないのでしょうが…

でも受験しようとした分、何もしなかったよりずっと学力がついたと思います

この学校には帰国子女枠があったのですが、まりんはこの規定に足りず…
こんなことなら行き来せず、フィリピンの学校に言っとけばよかった
と帰国子女枠の倍率の低さをみて今さらなのに嘆いてました……

今日はまりんの入試です。
なので休みの日にしては、みんな早起きです

ちょっと余裕をもって学校に着くと、
校門は人だかり
各塾の人たちが励ましに来てました。
今までそぉいうのに縁がなかったので、それにびっくり
うわぁ~、TVでみるやつだぁ~と感心⁇しました
まりんはというと…
特に緊張した感じもなく軽い足どり?で試験会場へ

終わって迎えに行って
どうやった?と聞くと
あ、落ちた落ちた
あはは
だそうで…

まぁ、結果は月曜日…。

NOVAともみ

Author:NOVAともみ
フィリピン・ボホールにあるNOVA Beach Resortのスタッフでダイビングガイドをしています。
子供3人とフィリピンで日々がんばってます。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。